TLTCについて

日本のテニスの発展と国際親善のために

_MG_2985

東京ローンテニスクラブの源は明治20年(1887)、英国外交代表部の邸内にテニスコートが設けられたことに始まります。テニスを通じて内外の人々の親睦を図ろうという気運が高まり、やがて明治33年(1900)に、現在の国会議事堂の敷地にコート建設用の土地が宮内庁を介して供与され、東京ローンテニスクラブが創立されました。当時多くの国際親善試合がこのコートで行われ、国際親善と日本におけるテニスの発展に貢献しました。昭和15年(1940)に現在の南麻布に移り、昭和17年(1942)財団法人となりました。第2次世界大戦後の混乱期には、様々な人のご好意とご尽力により、復興の道が開かれました

そして、平成25年(2013)に財団法人から一般財団法人に移行しました。現在の会員は、皇室のご一家を始め、いくつかの国の大使、様々な国からの外国人と日本人により構成され、100年を超える伝統とテニスを通じた国際親善の心を受け継いでいます。